快眠のコツと不眠対策TOP > 快適な睡眠を取る秘訣とは? > 酒と不眠の関係とは?

酒と不眠について

 

酒は不眠の原因になることがあるので、要注意です。
アルコールと快眠のコツについて解説します。

酒を飲むとなぜ眠くなるのか

酒が不眠の原因になるというと、意外に思う人もいるでしょう。
なぜならアルコールを飲むと、すぐに眠くなるからです。実際に寝酒をすると、一時的に体温が急激に下がるので、深い眠りに入っていきます。

またお酒を飲むと、抑制性神経伝達物質のギャバ(GABA)が増えます。
そうなると脳幹網様体の働きを抑えるので、前頭葉を刺激(賦活)しなくなります。そのために眠くなってくるのです。

酒の効用が、いつも同じように現れるのなら、快適な睡眠に役立つことでしょう。ところがアルコールには、耐性というものがあります。つまり飲んでいるうちに、量を多くしないと酔わなくなってくるわけです。いままで少量で眠くなっていたのが、量を多くしないと眠くならなくなるのです。

少量のアルコールで晩酌(ナイトキャップ)をする程度なら、脳をリラックスする作用があるので、快適な睡眠に役立ちます。また健康長寿につながることは、皆さんご存じでしょう。

酒は不眠を引き起こす

このように、酒は少量ならば健康にも役立つし、いい眠り薬にもなります。
しかし、どうしても耐性がついてくるために問題となるのです。

酒の量がちょっとでも増えると、毒素の分解のために、のどが渇いて夜中に目覚めるようになります。アルコールのカロリーは体内に吸収されずに、アセトアルデヒドに分解されるのです。お酒を飲んでから約3時間後に分解されるので、ちょうどそのころ中途覚醒することになります。また尿意をもよおしたりして、酒が不眠をもたらすようになります。

寝酒の量が、さらにどんどん多くなってくると、アルコールを飲まないと脳幹網様体を抑制できなくなります。本来は、体内時計に従って、しぜんと脳幹の働きが弱まり、眠くなります。ところがアルコールによって、「強制的に」脳幹網様体を抑制していると、アルコールなしでは寝付けなくなってくるのです。ここから酒による不眠が始まります。

酒の不眠が現れたとき、もしさらなる酒量で対応すると、最初のうちは、それで眠れるようになるかもしれません。しかし、それにも限界があります。いずれ、どんなに酒の量を増やしても、寝つけないときがやってきます。

そういった「いたちごっこ」を続けているうちに、脳の萎縮が進み、アルコール依存症になっていきます。そうなると、断酒したところで、これもまた不眠症の原因になります。飲んでも眠れず、飲まなくても眠れないという状態になるのです。

ただ、この辛い時期を乗り切って、断酒を続けていけば、酒による不眠は徐々に快方に向かっていきます。その期間は人によって異なり、3ヶ月で治る人もいれば、1年程度かかる人もいます。ただ一人で行なうことは危険な場合があるので、できればアルコール依存症専門外来の医師の指示にしたがったほうがよいでしょう。

実際の不眠治療では、酒の不眠に対しては、まず断酒をさせます。
そのかわりに睡眠薬(ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤)によって、とりあえず眠れるように治療していくようです。睡眠薬は、じつはアルコールよりずっと安全なのです。そうして睡眠薬に移行させておいて、徐々に睡眠改善薬の量を少なくしていって、快方に向かわせるという対策が取られます。

快眠のコツと安眠の方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら